サポート

support

2020年5月末より「Windows10 バージョン2004(May 2020 Update)」がリリースされ、アップデートが開始されております。ECAD DCX/dioの動作確認テストを実施したところ、現時点でECAD本体の機能自体に問題は発生していないものの、ソフトウェアライセンスでご利用の場合、またMS-IMEをご利用の場合に問題が発生することが判明いたしましたのでご案内申し上げます。
 ◆ハードウェアライセンスでECADをご利用中のお客様は、バージョン2004でもそのままご利用いただけます。
 ◆ソフトウェアライセンスでECAD 2020をご利用中のお客様は、バージョン2004でもそのままご利用いただけますが、ドライバの更新をお勧めいたします。
 
<Windows10 バージョン2004で発生する問題の概要>
① ECAD DCX/dio 2019以前(2019を含む)のソフトウェアライセンスドライバ―がインストールされているPCで、Windows10を2004にアップデートすると、数時間後にブルースクリーンになり、再起動の後、アップデートする前のWindows10バージョンに戻ってしまう
 
② Windows10 2004のPCに、ECAD DCX/dio 2019以前(2019を含む)のソフトウェアライセンスドライバ―をインストールすると、ブルースクリーンになり、再起動する
 
③ Windows10 2004のPCで、MS-IMEをご利用の場合、キー入力で日本語入力/英語入力モードが自動で切り替わらない現象が発生(ECADのシステムが停止するケースも報告されています)
 
<問題の対策>
クリックするとダウンロードページにジャンプします。ログインしてご覧ください。
 
③Windows10 2004の既知の不具合です。修正アップデートが提供されるまで、以前のバージョンのMS-IMEに戻してください。
 
例外といたしまして、Windows10 バージョン1803以降のPCにECADをインストールする場合、次のバージョンはプロテクタが認識しない現象が発生します。最新のアップデートファイルまたは対応版をダウンロードしてご利用ください。

製品の購入に関するお問い合わせはこちら 048-615-6350(平日 09:00~18:00) 製品の使用方法に関するお問い合わせはECADサポートセンターまでご連絡ください。

メールでのお問い合わせInquiry

製品の使用方法に関するお問い合わせはECADサポートセンターまでご連絡ください。