ECAD FAQ集

ECAD FAQ

62件のFAQがあります。

ページ 2 - 7ページ中

  • 「R枠変更」で、リファレンス枠シンボルを変更したが、リファレンス編集を行うと元の自動R枠に戻ってしまうのは
    変更したリファレンス枠シンボルのシンボル種別が「自動R枠」になっているためです。リファレンス編集を実行しても置き換わらないようにするには「形式R枠」のシンボル種別に変更してください。変更後、シンボル...
  • 「R枠変更」で、形式リファレンス枠シンボルに変更後、リファレンス編集を行ったが、行先文字が転記されないのは
    例えば、形式リファレンス枠の行先文字の接点種別が「0」で、接点シンボルの接点種別が「1」となっている場合、転記されません。シンボルエディタで該当する形式リファレンス枠シンボルを開き、[ホーム]-[文字]-[...
  • 「行先」や「来先」の文字の前後に括弧を付けるには
    行先や来先などに対して、(1-A)のように前記号・後記号の括弧を設定したい場合、以下の手順で行うことができます。※すべての文字/シンボル文字種別に対して設定できます。既存図面では、[図面情報]-[形状情報]...
  • リファレンス編集時の「C接点認識」とは
    C接点化の認識方法を指定することができます。C接点設定: C接点化している接点だけを、C接点として認識します。端子番号:双方の接点の機器番号と端子番号(コモン側)が一致する場合だけ、C接点として認識しま...
  • コメント文字の配置位置や、R枠(リファレンス枠)の配置位置を変更するには
    [図面情報]-[図面情報]-[フォーマット情報]より、該当ページに設定されているフォーマット名の[リファレンス書式部]で、「リファレンス枠配置位置」、「コメント1配置位置」、「コメント2配置位置」の座標値を変...
  • リファレンス枠の配置位置を手動で決めるには
    リレー図面において、コイルシンボルを配置すると、自動リファレンス枠、又は、形式リファレンス枠が同時に配置されます。(シンボル種別がコイル(R枠有)の場合)リファレンス枠の配置位置は、通常フォーマット...
  • リファレンスの間隔を狭くし、リファレンスNo.の数を増やすには
    [図面情報]-[図面情報]-[フォーマット情報]から該当するフォーマットを開き、[リファレンス基本部]の「リファレンス間隔」の設定値を変更します。X軸方向、Y軸方向のリファレンスの間隔値、「X方向の数:」「Y方...
  • 外部(中継)端子の両端の結線に対して、異なる線番を入力できるようにするには
    環境設定を起動し、[環境設定]-[コマンド動作設定]-[リレー動作]で、回路認識の「外部(中継)端子の両端の線番は同一線番とする」のチェックを外してください。
  • 縦書きの結線に対して線番を最初から90度回転させて入力するには
    環境設定を起動し、[環境設定]-[配置情報設定]-[上下結線の文字]-[線番]で、「角度」を90にしてください。このとき結線の左側に入力したい場合は、「浮上長」に「-0.5」等、マイナスをつけて指定してください。ま...
  • 都度形状の変わる部品などを、ユニット部品枠で作図するには
    [ホーム]-[回路]-[シンボル▼]-[ユニット部品枠(矩形)]を起動し、ユニット部品枠の範囲を指定します。機器番号、定格1、形式1・・・等のシンボル文字を入力して位置を指定してください。ユニット部品枠は部品/非...

Contact Us

製品購入に関するご相談等を承っております。また、採用に関するご質問等も受付けております。