ECAD FAQ集

ECAD FAQ

62件のFAQがあります。

ページ 4 - 7ページ中

  • リファレンスの取れているコイルと接点が同一ページ内に存在する場合に、行先文字や来先文字のシートNo.部分を省略、または別記号に置き換えるには
    [図面情報]-[図面情報]-[転記データ情報]で、リレー関連文字の「省略」ボタンを「ON」にしてください。また「省略記号」に、表示させたい記号を設定しておきます。
  • リファレンス枠に表示される行先文字や接点に表示される来先文字の「シートNo」と「リファレンスNo」の間にある「-」を表示させないようにするには
    [図面情報]-[図面情報]-[転記データ情報]で、リレー関連文字の「区切記号」に設定されている「-」を削除してください。
  • 接続線を作図したときに、電線情報の電線径を「1.25sq」に設定しておくには
    [図面情報]-[電線情報]-[電線情報▼]-[図面電線情報/ページ電線情報]の「接続線」タブで、「電線径」に「1.25sq」を設定してください。(「一覧」ボタンからも選択できます)
  • 電線情報設定コマンドで、「一覧」ボタンからマスターを参照できるようにするには
    環境設定を起動し、[データ変換・拡張機能設定]-[マスター情報]で、各種マスタを登録してください。
  • 過去に実行したリファレンス編集の実行リスト/エラーリストの内容を確認するには
    [表示]-[情報]-[リスト表示]を起動し、リスト一覧に表示されたリストをダブルクリックしてください。※リファレンス編集のほかにも、渡りページ編集、回路チェックのエラーリストを参照できます。
  • 接点シンボルに表示されている「来先」の文字を非表示・非印刷にするには
    [図面情報]-[形状情報]-[シンボル文字情報]より、「来先」の項目を非表示・非印刷設定に変更してください。
  • リレー画面内で、リファレンス枠の配置位置にある破線を非表示にするには
    環境設定を起動し、[環境設定]-[ユーザインターフェイス設定]-[作図]より、「用紙ガイド図形」にある「リファレンス枠位置」のアイコンボタンをクリックし、「表示」のチェックを外してください。 なお、同じ位...
  • 結線の長さを変更した際に、線番の位置が保持されるようにするには
    [ホーム]-[動作モード]-[モード▼]-[線番の保持]をクリックしてモードをONにしてください。
  • 一度に入力できる結線の相数を、自由に指定するには
    [ホーム]-[回路]-[線番▼]-[多相結線]を起動します。オプションダイアログで、折れ曲り方向モード、基点モード、相数、結線間隔、結線種等を選択し、始点と次点を指定してください。
  • 回路図を複写した際に、結線上の線番がクリアされるようにするには
    環境設定を起動し、[環境設定]-[属性情報設定]-[文字種別属性]-[線番]より「複写時にクリアされる(複写禁止)」にチェックを入れてください。

Contact Us

製品購入に関するご相談等を承っております。また、採用に関するご質問等も受付けております。