IIFES 2022への出展を中止いたしました

下記の内容で出展を予定しておりましたが、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大している状況を考慮し、出展を見合わせることといたしました。
会場では、『制御盤製造のDX』をテーマに、電気設計CAD「ECAD DCX」、日東工業キャビスタ連携、盤製造支援システム「WIRE CAM DX」と、連携する複数メーカーの電線加工機、配線作業をご紹介させていただく予定でした。
本展示会と同じコンセプトで出展いたしましたモノづくりフェア(2021年10月)の様子を以下URLにてご紹介させていただいておりますので、ぜひご覧ください。
■ものづくりフェア出展レポート https://www.ecad-sol.com/topics-mono2021.html

製品に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

お問い合わせフォーム

展示会概要

IIFES 2022は以下公式サイトに掲載の感染症対策を講じ、開催が予定されています。
会期:1月26日(水)~28日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト西ホール

【完全事前登録制について】

本展示会は「完全事前登録制」のため、必ず展示会公式ウェブサイトから事前の参加登録をお願いいたします。
( 公式ウェブサイト: https://iifes.jp/

ご紹介製品

電気設計CAD「ECAD DCX」
ECAD-キャビスタ連携
盤製造支援システム「WIRE CAM DX」
熱関連製品 その他

2021年10月開催モノづくりフェア出展時の様子

見どころ

《制御盤製造のDXを実現する製品とサービス》

設計情報を調達や製造で活用する仕組み(設計から製造のバリューチェーンの構築=盤製造のDX)が盤製造における様々な課題を解決します。
弊社展示ではこのDXを実現する製品群をご紹介いたします。

【ECAD DCX】の特長

ECAD DCXは、制御設計や受配電盤設計のための機能を豊富に搭載した2D CADシステムです。
■設計しながら運用環境の構築ができ、短期間での運用開始が可能
■運用支援ツールのクラウド部品ライブラリ『ECAD Library』の部品情報が利用可能
■電気設計専用コマンドで作図スピードをアップ
■システムが自動で情報更新やエラー検出を行い、検図工数を大幅削減
■図面から様々な情報を出力でき、板金や部品手配に利用可能

【日東工業キャビスタ連携】の特長

キャビスタは、Web上で穴加工済キャビネットの手配を簡単に行えるサービスです。
キャビスタ連携は、ECADで設計した穴加工図面をキャビスタへダイレクトに送信し、加工指示が行えます。これにより、ミスの削減や省力化を実現します。

【WIRE CAM DX】の特長

WIRE CAM DXは、設計図面から盤の製作情報を作成できるシミュレーションソフトウェアです。
ECAD、DWG、DXF、PDF、TIFFなどの図面を取り込んで配線測長を行い、電線やマークチューブなどの加工データを出力し、電線加工機と連携することで省力化とリードタイム短縮ができます。また、組立配線においては、部品取付位置や配線ルートをガイドする機能により、非技術者でも短期間で高品質の作業を実現します。

製品の購入に関するお問い合わせはこちら 048-615-6350(平日 09:00~18:00)

製品の購入に関するメールでのお問い合わせInquiry