「設計・運用効率」「設計品質」向上 ECAD® 2022の新機能とは?【下】

ECAD®シリーズ(ECAD DCX(以下DCX)とECAD dio(以下dio))の最新バージョン「ECAD 2022」が今春リリースされました。今回は新機能の中から特に有用な機能をピックアップしてご紹介いたします。今回は「DCX」に固有の新機能についてです(シリーズ共通の機能についてはこちら)。

 

 

【DCX 新機能1】「大きなデータも重くない」 パフォーマンスの向上

「ECAD2022」ではデータベースの処理を大幅に見直し、処理性能の向上を実現しています。

数秒タイムラグが発生していたケースでも、設計者が気付けない程度(0.1秒以下)の時間で処理が完了します。

これまでのDCXでは、設計時、情報が増えるとデータベース全体を更新・再検索し、不整合の検出や情報の統合、更新などの処理を行っていました。2022シリーズでは、必要な個所のみ更新・再検索する方法へと変更しています。

DCXでは設計時図面内のデータベースに情報が集約され

・設計上の部品情報(部品DMT)

・接続情報(接続DMT)

・手配部品(BOM)

の3つのデータベースを統合管理しています。

これにより図面内の不整合などが自動検出されると共に、後工程へのデータ出力を容易にしています。

この機能は設計生産性や図面品質を向上されることに役立ってきました。

一方、作図と同時にデータベースの処理が実行されるため、PCへの負荷が高くなる問題もありました。

特に大規模図面ではこの問題がより顕著に表れる傾向があります。図形操作時に若干のタイムラグが発生するなど、設計作業のストレスとなる場合がありましたが、これを解消する仕組みを採用しました。

 

【DCX 新機能2】ファイル検索機能の向上

環境設定に登録できるパスの設定で、サブフォルダを含んでファイルを検索する機能が追加されました。

DCXではマスタの構築を進めることで生産性を向上させていく仕組みがあります。マスタの構築を進めていく上でシンボルなどのデータを適切に管理することは重要です。

シンボル検索時にサブフォルダに対応したことで、部品シンボルをメーカ毎、シリーズ毎に分けて管理するなど、管理しやすいフォルダ構成を作成し、利用することができるようになりました。

電気部品はメーカの部品更新に伴って定期的に利用する部品情報の改修・追加などを実施していく必要がありますが、管理するフォルダを細分化できるため、更新対象の部品シンボルを容易に見つけることができるようになり、シンボルの管理コストを下げることができます。

 

 

【DCX 新機能3】「設計環境標準化」を支援

設計環境の標準化を支援する、新たな管理・利用方法が採用されました。標準回路の管理と再利用の効率が大幅に向上します。

これまでは、パターン配置後に機器番号やアセンブリ部品番号を設定していましたが、パターン配置時に一連の流れとして設定することができます。また、複数配置の場合、最初に配置した情報を指定の方法でカウントアップしてすぐに次の回路を配置することができます。

 

 

設計環境の標準化を進めるアプローチとして特定の回路を標準回路として登録、再利用する方法があります。ECADシリーズでは、特定の回路をパターンとして登録し移用できます。DCXではこの機能をさらに拡張し、パターンを部品と紐づけて管理、利用することができるようになっています。

2022ではこれらの機能がさらに拡張された形になります。標準化推進の大きな力となることが期待できます。

 

【DCX 新機能4】図面内に指示などが書ける、後工程で活用も

BOM上の構成部品に対して、部品の要素とは別に個別の情報を入力することができるようになりました。入力した情報は、図面上に転記でき、帳票への出力もできるようになりました。

これにより図面内に様々な指示を含む情報を記載し、後工程で活用することができます。

 

 

元々DCXでは、設計上使用した部品はBOMと連携し、必要な情報が自動転記されます。

ただ、同一の部品でも使用時の設定が異なる、使用方法が異なるなど、図面上に個別の情報を設定し、設定した情報を部品表などに指示として転記したいなどの要求があります。

また、機器に対して用途を記載し、一覧表にしたいなどのお声もありました。今回のバージョンはこれらのご意見を反映したものです。

ECAD 2022の新機能のいくつかを紹介しました。運用効率、設計効率、設計品質などを向上させ、標準化の推進にも活用できるECAD 2022をぜひご利用ください。

シリーズ共通で搭載された新機能も紹介しております。

詳細はこちらから(「設計・運用効率」「設計品質」向上 ECAD® 2022の新機能とは?【上】)。