ECAD FAQ集

ECAD FAQ

62件のFAQがあります。

ページ 3 - 7ページ中

  • ユニット部品枠を作図した際、内側の結線を削除するには
    ユニット部品枠のオプションダイアログで「枠内図形削除」をONにしてください。入力したユニット部品枠の内側の図形が削除できます。
  • 入力済みの結線(接続線)を、結線(母線)に変更するには
    [ホーム]-[編集]-[その他編集▼]-[属性変更]で対象の結線(接続線)を選択し、「選択終了」します。次に属性変更ダイアログの「リレー属性」タブにある「結線種別:」を「母線」に変更してください。
  • 飛び越しコマンドで、横形状の飛び越しシンボルが配置されるようにするには
    [図面情報]-[形状情報]-[図形形状情報]で、「結線関連図形」タブの「飛び越し形状シンボル:」に、横形状の飛び越しシンボルを一覧から指定してください。
  • 三相結線に三相線番を簡単に入力するには
    [ホーム]-[回路]-[線番▼]-[三相線番]をクリックすると「三相線番設定」ダイアログが表示されます。各項目を設定後、三相線番を入力したい三相結線を指定します。 「三相線番設定」ダイアログの各項目について説...
  • コイルシンボルを配置後、自動で機器番号が入力されてしまうのは
    オプションダイアログの「自動機器番号」にチェックが入っているためです。任意に機器番号を入力したい場合には、自動機器番号のチェックを外してください。 チェックが入っているとコイルシンボルの機器番号が...
  • 結線をT字に接続させた際に、自動で接続点が配置されないようにするには
    環境設定を起動し、[環境設定]-[コマンド動作設定]-[コマンド動作]で、リレー関連図形の「自動接続点を付加する」のチェックを外してください。※「自動接続点を付加する」のチェックを外した場合、接続点を作図す...
  • コメント文字の文字原点を変更するには
    環境設定を起動し、[環境設定]-[配置情報設定]-[コメント文字]-[縦書式コメント]([横書式コメント])で改行方向とコメント文字1、コメント文字2の「原点位置」を変更してください。
  • リファレンスNo.の表記や印刷位置を変更するには
    [図面情報]-[図面情報]-[フォーマット情報]の[リファレンス書式部]で、「リファレンス開始No.」と「リファレンスNo.印刷位置」を変更してください。
  • 自動線番の初期値を設定するには
    [図面情報]-[図面情報]-[図面モード情報]で、自動線番条件設定の「線番表記」や「線番固定部」、「線番初期値」、「線番位置」、線番入力モードを設定してください。
  • リファレンス枠に表示される行先文字や接点に表示される来先文字を、「1-A-2」の様に「シートNo+主従リファレンスNo」で表示させるには
    [図面情報]-[図面情報]-[転記データ情報]で、リレー関連文字の「来先表記」、「行先表記」を「シート+主従Ref」に設定してください。

Contact Us

製品購入に関するご相談等を承っております。また、採用に関するご質問等も受付けております。